バイナリーオプションなら注文したあとは相場を見ている必要はない

バイナリーオプションは手間いらず

バイナリーオプションは手間いらず

バイナリーオプション」といっても、各社の対応はさまざまですが、FXトレード・フィナンシャルの「ハイアンドロー(High&low)」は、「高い・安い」のいずれかを選択するというわかりやすさに加え、1日のうちに108回も取引できるという取引頻度の多さで、他社を圧倒しています。

 

では、バイナリーオプションは、どのような形で利益を得ることができるのかを、実際にシミュレーションしてみましょう。

 

たとえば、家に帰って食事をすませ、パソコンの前に座ったのが、午後8時過ぎだったとしましょう。その時点で設定されているオプションを見ると、米ドル円で9時に判定時間を迎えるオプションがありました。このオプションは8時に設定されたもので、8時55分か申し込みの締め切りです。

 

8時半の時点でドル高・円安を予想し、「HIGH」を1万円買ったとします。そのときの為替レートは80円50銭。判定時間にこの水準を0.1銭でも上回っていれば成功です。

 

つまり、80円501銭以上であれば利益が得られます。申し込みさえしてしまえば、あとは相場を追いかけている必要はありません。その時間にお風呂に入ってもいいですし、テレビを見ていてもかまいません。

 

その後再びパソコンを開くと、9時に判定が行なわれ、結果が出ています。予想通りになっていれば、1万90000円(ペイアウト倍率が1.90倍の場合)が自動的に口座に振り込まれています。

 

残念ながら外れてしまった場合も投資金額がゼロになるだけで、それ以上に損失が拡大しません。より詳しく知りたい方はバイナリーオプション初心者の王道をご覧ください。

世界のFX事情「規制編」

米国でも日本同様、FX、CFD、コモディティーにレバレッジ規制がはいっている。米国の当局は、個人投資家が多大なレバレッジを扱えるのかどうか懸念しているが、これまでのところ措置は限定的だ。 8月30日には、為替取引を行う個人投資家が借りられる金額の制限を強化する案で、米商品先物取引委員会(CFTC)が譲歩した。現在は1ドルの投資に対し100ドル借りられる。これを10ドルに引き下げようとしたが、ブローカーや個人投資家からの一連の抗議を受け、50ドルに決まった。これは、大手ブローカーの多くが現在認めているのと同額だ。

ホーム RSS購読 サイトマップ